2013 SUMMER まとめ   

2013年 08月 20日

待に待った夏季休暇。
ココロ踊りまくる。
定時になるとすぐに会社を出てローカル線に飛び込む。
揺られること約2時間。もう真っ暗だ。
a0233432_21423090.jpg

明日はどの溪に行こうか…。
あの溪かな…。いやあの渓も…
あまりのワクワクと妄想のため、寝不足気味で溪へ入る。
夏って感じ。
a0233432_21533828.jpg

いつも下から見上げている滝を上から見下ろしてみる。
a0233432_2157165.jpg

落差100mほどだ。滝壺を見るために1mくらいまで近づくと吸い込まれそうだった。

難なく釣れてくれた1尾目。
a0233432_2211879.jpg

型は小さいが美しい!溪の宝石だ。

苔生した溪。
a0233432_22204013.jpg

この溪は湧水系で雨の少ない時にも水量があり、流れが生きている。
a0233432_2222238.jpg

a0233432_22231169.jpg

大物を求めて下流部へ。
a0233432_22282834.jpg

今春、尺を収めたポイントにて、またも尺を収める。
a0233432_2232031.jpg

掛かった魚は、激しく跳ね回りレインボーだと思うほどだった。
上げて見ると意外とスレンダー。

次なる溪へ。
断崖絶壁に取り囲まれる溪。
地元の人しか知らない、溪への降り道を下る。
a0233432_22402057.jpg

この溪はたどり着くまでの苦労の割に釣れない。
a0233432_22431885.jpg

流れの奥を注意深く見つめていると、くねりくねりと光るものがいる。
正体はこいつ。
a0233432_2244493.jpg

本命の調子が悪い時にはこいつを騙して気分転換するのが最近のトレンドになりつつある。

 1.鮎の食み跡を見つける
 2.今、鮎が付いている石を見つける
 3.そこへ鮎ルアーを流す
 4.鮎が逃げる
 5.そのまま定位させて待つ
 6.鮎が戻ってくる
 7.鮎がイラついて我慢できずに仕掛る
 8。鮎掛かる
澄んだ溪では、このプロセスがとって見えるので結構おもしろい。

再び、奥の溪へ。
a0233432_22515394.jpg

a0233432_22523540.jpg

a0233432_22592494.jpg

a0233432_23114710.jpg

この溪も湧水系で、あちこちから水が湧き上がってくる。
a0233432_23134611.jpg

そして、この夏もっとも記憶に残った出会い。
a0233432_23182647.jpg

美しくも力強い顔立ち。
a0233432_23185781.jpg


最終的に、彼ら、彼女らは美味しく頂かれました。
a0233432_2324784.jpg

by kokesuke1 | 2013-08-20 21:26 | Fishing!

<< 怪しい溪 墓参りのついでに。 >>