カテゴリ:未分類( 7 )   

墓参りのついでに。   

2013年 08月 15日

長い休みにはだいたい一度は長崎へ行く。
祖母がいるからだ。

この日は、叔母の墓参りへ。
昔から渡来人の出入りが多かった長崎は外国人墓地が多い。
そして、盆の長崎の墓地は賑やかで、線香立てにロケット花火を添えて、打ち上げたり、爆竹を鳴らしたり、異様な習慣がある。
a0233432_20442734.jpg

稲佐山の麓にある、叔母の眠る墓に到着。
奥にはダイヤモンドプリンセス/エメラルドプリンセスを造った造船所を望むことができる。
a0233432_20514996.jpg

ここにもやはり原爆の爪痕が残る。
a0233432_2105115.jpg

それにしても、このワルソー顔…
もっとやり様があったろうに。
でも、見ているとこれはこれで面白い。

帰りに、墓地のすぐ近くに有名人の実家があると聞き、訪ねてみた。
a0233432_21254051.jpg

a0233432_21331138.jpg

そう。その某有名人とはF山M治。
表通りに面した玄関の表札の盗難があとを絶たないらしいが、
実は表通りの玄関はおじさんの家の玄関で、彼の家の玄関は裏通りのこの玄関になるらしい。
パッと見一つの家に見えるが、よく見るとそれぞれ分かれている。

そして近所では痴漢が多発しているらしい。
a0233432_21581560.jpg

[PR]

by kokesuke1 | 2013-08-15 20:40

九州の車窓から   

2013年 03月 31日

久しぶりに実家に帰る。
列車の旅
a0233432_22435596.jpg

ディーゼルエンジンが頑張る音、
ふかふかなシートのスプリングクッションが撓む音、
レールと車輪が擦れる音、
ローカル線には、山手線では到底得られない贅沢な時間が流れる。
a0233432_22392722.jpg

しばらく進むとひときわインパクトのある建造物が。
んん…、セメントを作るにはこんなに複雑な工程が必要のものなのだろうか・・・
a0233432_22301173.jpg

鉄橋だ!
a0233432_2253476.jpg

トンネルを抜けるとそろそろ
a0233432_22534562.jpg

a0233432_22555395.jpg

この長い階段、高校生の時には良く寝坊してダッシュで登ったものだ。
a0233432_22565567.jpg

チャリはここに乗り捨てて。
a0233432_230745.jpg

懐かしすぎる。
a0233432_2322320.jpg
a0233432_23265355.jpg

この細い路地も結構な坂になっていて心臓破りだったことを思い出す。
a0233432_2335167.jpg

最近、ちょくちょく立ち寄る喫茶。
a0233432_2337393.jpg
a0233432_23375810.jpg

ああ、少しだけ戻ってみたい。あの頃へ・・・
[PR]

by kokesuke1 | 2013-03-31 22:27

『北九州』散策   

2013年 02月 16日

2月、待ちに待った転勤。
実家からは遠いが、福岡県内。
a0233432_21143130.jpg

a0233432_20433113.jpg

そう。ここは北九州。
北九州と言えば、昔から工業の盛んな街で、昔は九州で一番大きい都市だった。
それゆえ、戦時中は原爆投下の目標ともなったが、当日の曇りによる視界不良のため長崎へ落とされた。
a0233432_20533519.jpg

北九州は福岡県の中では少し変わっていて、祖父母の代に他の土地から移り住んで来たという家が多い。
それゆえに、独特のカルチャーがある。
福岡県民ではあるが、一度も行ったことがないと言う人も多い。
自分もその一人だ。
わくわくする。

まずはメシ。
いい感じの店がある。
a0233432_2117438.jpg

駅から少し離れているせいか、休みというのにすいている。
トーキョーだったらいっぱいだろう。旨い。
a0233432_21222290.jpg
a0233432_21252170.jpg

この日は少し寒い。
耐えながら川辺へ向かっていくとボートを漕いでいた。
ボートが盛んなのか艇庫もあった。
また漕いでみたい・・・。
a0233432_21281769.jpg

北九州の門司区には門司港と言って、九州では少し有名なレトロスポットがある。
しかし、他にもレトロチックな場所がたくさんある。
a0233432_21401313.jpg
a0233432_21452470.jpg
a0233432_2147664.jpg

老舗デパート井筒屋。
行ってみればわかるが、なんとも懐かしい感じがたまらない。
a0233432_2150381.jpg

予想とは裏腹にブランドが充実しているのに驚いた。
ブティックのフロアなのになぜか洒落たカフェがある。
a0233432_21554720.jpg

話を聞くと、Papasと言うブランドのデザイナーがデザインして、イタリアから材料を持ってきて造ったそうだ。
a0233432_21582720.jpg
a0233432_2159817.jpg
a0233432_2214086.jpg

旨い!
a0233432_2221836.jpg

帰りにリキュールを買いに行った。
信号待ちでたまたま遭遇した、酒屋の配達のあんちゃんに店まで案内してもらった。
周りにかなりの数の飲食店があるせいか、驚く程の品揃えだった。
気になる店も見つけた。次回、寄ってみたい。
a0233432_22113822.jpg

この街、楽しいかもしれない。
[PR]

by kokesuke1 | 2013-02-16 20:40

豪雨   

2012年 07月 03日

朝、超激しい雨音で目が覚める。
外に出てみると、今までに見たことのない光景が。
a0233432_0262489.jpg

普段は水深1mほどの川が数倍になってしぶきを上げている。
a0233432_0283967.jpg

道路も冠水し、棚田はナイアガラの様に。
a0233432_0324135.jpg

今後の釣りに影響が出るのは言うまでもない。
[PR]

by kokesuke1 | 2012-07-03 23:54

屋形船   

2012年 06月 08日

この日は送別会。
幹事の思い切った決断で人生初の屋形船に乗ることに。

夜風と船頭が水を切る音が気持ち良い。
a0233432_23375887.jpg

a0233432_23305561.jpg

鵜飼いがやってきた。
かがり火で鮎をおびき寄せ、鳥君にパクつかせる。
a0233432_23392450.jpg

鵜は川鵜ではなく海鵜との事。
首の根元を縄で適度に絞めているため飲んだ魚は、胃袋までたどり着かない。
a0233432_234166.jpg

やはり鳥はいいもんです。
[PR]

by kokesuke1 | 2012-06-08 23:20

寒波   

2012年 02月 03日

寒い!

築百年の断熱材なんか無い我が家、室内気温で-6℃。
布団の中までとことん寒い。

外に出ると驚いた。
川が凍っている。
産まれて初めての光景。ここは九州だというのに…
a0233432_14523577.jpg

a0233432_14562286.jpg

トリも大量の雪に戸惑っている。
a0233432_14593170.jpg

[PR]

by kokesuke1 | 2012-02-03 14:40

初エキサイト!   

2011年 04月 01日

今シーズンはブログを開設して釣りの写真を沢山のっけてやろうと思ったのだけれども、釣行からの帰宅は毎回PM10:00は当たり前。
風呂に入り、ごはんを頂いたらバタンキューと言った暮らしぶり。
少し時間があってもPCオンチな自分には使い方を理解するのが少し難しい…。

そして、シーズンが終わって落ち着いた今頃に。

が、今シーズンの写真をどうしても載せたいという想いがあり、しばしウィスキーを飲みながら曖昧な記憶を遡って書くことに。
この技を使うのは小学校、『夏休みの日記』以来だ。
やむなし!
a0233432_18472324.jpg

a0233432_22453251.jpg

[PR]

by kokesuke1 | 2011-04-01 00:00