カテゴリ:Art( 3 )   

アロマキャンドル   

2013年 12月 10日

キャンドルづいている今日この頃。
火の光には何ともたまらなく癒されるものがある。

そしてとうとう作ってしまった。自作アロマキャンドル。
a0233432_20585754.jpg

作り方は至って簡単。
100円ショップでロウソクとクレヨンを購入。
ロウソクとクレヨンを湯煎で溶かしてお好みの色に。
そして、香水の試供品なんかで香り付け。
最後にロウを紙コップに注いで、芯を固定して、固まったら完成。
a0233432_215225.jpg

[PR]

by kokesuke1 | 2013-12-10 20:33 | Art

パッチワーク   

2011年 10月 23日

久留米の知人の所へ。

江戸時代からの造り酒屋。
そして、ここの女将さんがパッチワークで有名な方。
今年で25周年。

過去に胡 錦濤国家主席など各国のビッグネームに招待されている。


まず、建物が面白い。
a0233432_021254.jpg
a0233432_035921.jpg

a0233432_053857.jpg

この階段箪笥で二階へ上がる。
a0233432_0153197.jpg
a0233432_0181441.jpg
a0233432_01935.jpg
a0233432_0204335.jpg

a0233432_083386.jpg

贅沢の極み、床の間の床は、桜の一枚板だった。


そして、パッチワーク。
a0233432_0284726.jpg

古布が絶妙に活かされている。
a0233432_0293726.jpg
a0233432_0303418.jpg
a0233432_031478.jpg
a0233432_0313631.jpg


パッチワークはすごい数の布片でできている。
本当にすごい労力だ…。

帰りに日本酒とキャロット 200%のジュースを買って帰った。
a0233432_175561.jpg

このキャロットジュースが何とも旨い!
http://niwanouguisu.com/
[PR]

by kokesuke1 | 2011-10-23 00:00 | Art

ステンドグラス   

2011年 10月 18日

福岡に戻ってから毎週火曜日はステンドグラスを習いに行っている。

教えてくれる先生は、若い頃、単身イギリスに渡り、数年間修行してきた。

贅沢はしない。ステンドグラスをやって暮らせれば幸せ。
本当に素朴でステンドグラス一筋な人だ。
a0233432_15594277.jpg
a0233432_160154.jpg

                              『世界のステンドグラス100選』より


ヨーロッパのアンティークガラス。
写真では半分も伝わらない。
a0233432_1633127.jpg

a0233432_136476.jpg

a0233432_13123598.jpg

a0233432_13155077.jpg

板状だが吹きガラスで作られる。
職人がひとつひとつ吹いて、切り開いて、表面をかき乱して…。
二度同じ物は生まれない。

こうして作られるガラスは美しい。
深い色。表面の乱れ。硬質感と柔らかさを兼ね揃える。
僕にとっては宝石よりも美しく感じるものだ。

中でもお気に入りなのがこれ。
a0233432_1650070.jpg

フランスの『ルーミー』
a0233432_1651475.jpg

このガラスを通して見える景色は何とも言えない。


今、製作している作品の完成が待ち遠しい。
[PR]

by kokesuke1 | 2011-10-18 00:00 | Art